住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

側溝工事

側溝とは、道路の両側に設置された溝のことで、建築基準法の道路の範囲を明確にすることと、道路に沿って側溝幅の空間を確保することにより雨水などを処理することを目的としています。

 

断面はL形を標準としますが、歩車道のないところでは、U形のものが用いられることもあります。当然、路面には横断方向に勾配があり、雨水を側溝に導く形になっています。側溝にも勾配があり、約30メートルごとに、管をつけて合流下水管に連絡し、排水をすることになります。

 

下水道が未整備の市街地では、雨水と汚水を排除する敷地境界の溝も側溝といわれることもあります。側溝は、道路の歩行人がタバコを捨てたり、樹木がある場合には葉が多く落ちる可能性もあるので、本来の役割を果たさなくなる可能性の高い部分であると言えます。

 

特に定期的に修繕しなければならないなどの法律などは存在しませんが、本来の機能を果たさなくなると、水が溢れて環境が悪くなるので、定期的に清掃をする必要があります。対象範囲は、建築基準法上の道路幅員が4.7m未満の道路に面する全ての建築物及び工作地の敷地が対象となります。

 

指導基準については、細かいことは省略しますが、道路境界線の敷地側に側溝を設置することとなっています。流水面の深さについては、200mmを原則としますが、雨水排水に支障のない深さとなっています。さらには側溝上には建築物などや工作物、門、などを設けないことや雨水の排水方法については、隣地の既存側溝の排水処理にも十分に配慮することとなっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市