住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

舗装工事

外構には駐車場や自転車置き場などアスファルトで舗装をする必要があります。材質が良くないとすぐに劣化をして、修理の必要が生じますし、時には怪我をすることもあります。

 

この舗装工事はアスファルトを施工するのみで工事が完了すると思いがちですが、そうではなく、下地に固まった路盤が必要となりますし、さらにその下にはより安定した構造とするために、路床が必要不可欠となります。これを軽んじると耐用年数も低く、粗悪な道路となるので、舗装工事には専門の職人にお願いすべきです。

 

例えば排水工事などの外構設備がありますが、舗装工事は外構工事全体の一番最後に行われますが、そんなに時間のかかる工事ではないと言えます。専門的なことになりますが舗装工事をする際の手順についてまとめます。

 

ますは路床を作ります。ブルドーザーやローラーなどで転圧します。次に路盤工です。路床の上に表層を支える必要があるために、しっかりと固めることが肝心です。次に路盤表面の強化のためにプライムコートを施し、最終的にアスファルト舗装(表層)をします。最終的には、仕上げにローラ―を用いて、舗装面を段差なくきれいに敷き詰めるようにします。

 

一般の道路などでは大規模な重機を用いてローラー作業などを行いますが、外構であれば、面積も少ないと思いますので、手動の設備を用いて作業することが多いと思われます。もし舗装面に傾きなどがあった場合には、雨水が居住地域にも流れ込む恐れがあるので、しっかりと作業しているか時々チェックすると良いと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市