住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

保険など

地域によって、外構の環境は異なります。もちろん、新居を購入時に、より良い条件での状態で購入すると思います。

 

しかしながら思わぬ環境変化があります。例えば最近頻発している地震、ゲリラ豪雨などの急な気候変動などです。想定できないような悪い環境変化もありますので、その際は仕方ないと思わざるを得ないと思います。

 

不測の事態に陥った時のことを想定して準備することが保険ですね。特に日本は地震多発地帯です。また火災はいつでも起きる可能性があります。

 

ただ、地震保険で支払われる保険金は、実際の損害額ではなく、細かな規定があります。例えば、全損の場合は地震保険の全額、半損の場合は保険金額の50%、一部損の場合は地震保険の5%などです。また判定基準も細かい基準があり、判定することが難しいと思われます。

 

地震保険は建物も含め、外構も含まれます。また家財道具なども対象となります。細かいことは割愛しますが、基本的には掛け捨てなので、そんなに経済的な負担はそんなにないと思うのですが、地震が起こらなければ全く意味のない本当の掛け捨てです。地震保険については国と保険会社が料率などを決めているようです。

 

ムダに保険料を支払うより、もし、大きな災害があった場合は、仕方ないと思って保険に加入しない人もいると思います。実は私もそういう考え方です。どんな状態でも被害額を全額保証してくれる保険会社があればよいのですが、実際はそうではないようですし、大きな災害が起きれば保険金を大量に支払わなければならない保険会社の保険料支払い条件も厳しくなると思いますので・・。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市