住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

耐久性(健康面)の配慮

近年、あらゆることで環境問題が重視されています。屋内ではシックハウス症候群やアレルギーを意識しなければなりませんが、外構はそんなに問題がないと思われがちです。しかしながら、外構は気象条件をダイレクトに受けることも多く、耐久性に関わる条件に配慮する必要があります。

 

コンクリートなどが素材の外壁などは、大きな地震でもない限り、すぐに劣化する恐れはありませんが、金属製のものはメッキがはがれたり、さびが発生することなどが考えられます。また、最もよく利用される木材は、加工がしやすいと理由もあり、さまざまな部位に用いられていますが、雨などの影響を受けやすく、劣化も早いと思われます。

 

耐久性の維持≒安全性の確保、機能性の確保という理解もできます。

 

数年間も放置することなく、ご自身でできる定期的な木材のメンテナンス方法を簡単に以下に説明します。点検のポイント、箇所、時期について以下に簡単に説明しますので、参考にしていただければ幸いです。

 

【点検のポイント】
見て触って、たたいてみる、さらにはドライバーで軽く刺すことなどです。

 

【点検箇所】
ボルトの穴の部分や、雨水がたまりそうな部分、湿りがちな部分などです。

 

【点検の時期】
春から秋にかけて月1回程度で良いですが、ドライバーで刺すような内部の腐朽点検は夏に1回対応すればよいでしょう。

 

ご自身で対応できることはすぐに修理をし、難しい部分については、すぐに外構業者に修理をお願いするようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市