住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

価格交渉

図面と見積書が提出されたら、最後に価格交渉を行います。決して業者の言い値で簡単に工事をお願いすることは避けましょう。まずは複数の業者から見積もりをとり、競争させるのが最も良い方法です。

 

家電製品などは既に完成している商品を購入することになりますので、多くの家電量販店から比較見積もりをとり、安く購入することしかできませんが、外構は一品一葉です。材質やデザイン、工事費など見積書をベースに根拠のある価格交渉が可能です。

 

例えば、外壁の材質が高いと思われれば別の材質にしてもらうことにより、安くなる費用もわかります。カーポートの設備をより簡易的なものに切り替えれば、部品代金がいくら安くなるかもわかります。ですから、ひとつひとつの項目について、安くて済む方法があれば交渉をして安くする範囲が広がると考えられます。

 

細かいことがしっかり理解できない場合は、トータルの予算を提示し、その範疇内で出来る限りの対応をする見積もりを提出してもらうことが大切です。どんな製品でもそうですが、まずは高い見積もりを提示しますので、そこは承知しておかなければならないかも知れませんが・・。

 

外構業者は、ハウスメーカーからの請負業務をしている場合もあります。ハウスメーカーから請ける仕事は、利益ギリギリの対応を余儀なくされます。それに比べれば個人の方から直接仕事を受ける方が、どれだけ値引きを行ったとしても、ハウスメーカーの仕事以上の利益を確保できるはずです。

 

できればご近所の情報などを聞いて、メンテナンスも含めたしっかりした対応をする業者を紹介してもらいましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市