住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

工期

外構工事の工期(工事が終了するまでの期日)は、しっかりと守っていただかなければなりません。例えば、車を追加で購入するような場合は、納車の日までに駐車場がなければ、困ってしまいますよね。

 

従って、お願いする外構業者が決定後の契約書に必ず工期についての条項があることを確認しましょう。工期が遅れる可能性のあることや工期が遅れた際の賠償について、しっかり把握しておく必要があります。

 

施工する外構によって異なると思いますが、かかった工期によって費用が異なるようです。例えば1日あたり〇〇万円と決まっているのです。その条件を考えていますと、効率よく急いで対応していただければ費用は安くなり、逆にたくさんの費用をもらおうと考えている業者は、だらだらと(言い方は悪いですが・・)仕事をすればよいという考え方もできます。

 

こんなの許せないことですよね。ですから契約書でしっかりと工期についても締結をするのです。

 

ただ、天候の影響(雨天が続き、コンクリートが固まらないなど)を受けるのは、仕方ないことですので、想定外のことが起きた際には取り急ぎ、急いでいただくようお願いするにとどめておくのが良いでしょう。

 

しかし、そのような際に工期が延びたからといって、余分な請求をされるのは本末転倒です。これも契約書でしっかり締結しましょう。工期にあたって最も大事になるのは、契約書と言えますね。まだ個人住宅の場合は良いですが、お店などの開店を控えている場合などは、大変な被害を被ることになりますよね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市