住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

家族構成の変化

外構は家族構成が変化した場合に必要になります。

 

例えばお子さんが産まれて、ベビーカーを利用する頻度が多くなった場合や、ご両親などと同居するようになった場合には、スロープなどを設置することが必要になります。日々買物や散歩などにでかける主婦やお年寄りにはスロープは欠かせない設備だと思います。

 

また万が一障害者となる家族が出来てしまった場合にも必要です。スロープと一口にいっても限られた敷地の中で使い勝手をどの程度よくするかということが重要です。手すりは必要になりますし、外部との段差を極力少なくする、スロープの角度を極力少なくするなど、課題はたくさんあります。

 

また、例えばお子さんが就職をして、車通勤をするようになれば、車庫を準備する必要もあります。近くに月極めの駐車場があれば、そちらを利用することで事足りると思いますが、都会で、近所に駐車場がない場合などは、どうしても駐車場を確保しなければなりません。敷地面積は限られますので、2階建てで対応できる駐車場を導入する必要もあるかも知れません。

 

自宅を購入する際には、将来の生活設計がしっかりしているわけではありません。ですから、新築の戸建て住宅を建てる場合には、家族構成の変化により最低限必要になると思われる外構は用意するべきだと思います。(なかなか難しいことですが・・)

 

最も大切なのは、快適に過ごすためのインテリアとなりますが、外構=エクステリアも大切です。ついつい住居のみの価格で購入される方が多いと思いますが、外構も併せて考慮してください。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市