住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

敷地の有効利用

広い敷地であれば、居住空間としての家屋と外構(エクステリア)の設置の仕方には大きな自由度がありますが、狭小住宅でも工夫次第で魅力的な構成とできますので、設計段階からしっかりと検討するようにしましょう。

 

通常の構成では敷地の北側に住居を構え、南側に庭のスペースが取られるのが一般的な考え方でした。庭があることによって道路からの距離を確保することができ、防犯の対策にもなると考えられるからだと思います。

 

また玄関と道路の距離が短い場合には正面にステップを設ける構成となる場合が多いですが、正面ではなく横向き(道路と平行な向き)のレイアウトにすることも必要です。

 

また玄関と道路の間には最小限の仕切りを設けることも必要です。ドアを開けたらすぐ道路で人が歩いているなどの構造では安心できませんよね。例えば自転車置き場などを設置し、最小限居住用の扉と道路の間に空間があることと、必ず防犯のために門扉は設置しましょう。

 

あまりオープンでは防犯上よくないと判断し、ブロック塀で全て覆ってしまうのは、景観的にもあまりよくありません。そんな際にはシンプルではありますが、鋳物製の格子スクリーンを道路との境界に設けるようにしましょう。

 

また玄関前のポーチが道路から高い場合は転落する可能性もありますので、手すりを用意すべきです。今では手すりとフェンスが一体となった製品もありますので、利用するようにしましょう。階段の段差にもフレキシブルに対応ができますし、ペットなどが逃げ出さないようにすることも可能です。

 

また道路より土地が高い場合には階段が必要になります。その際には安全性と魅力的なデザインを目指して、・一歩踏み込んでから階段になるという構造・一番下のステップは広めにすること・正面からまっすぐに上がるのではなく斜め方向から上がるようにする・会談の両脇や正面にたっぷりとした植栽スペースを用意すること・照明を設置して夜間の防犯対策を施すことなどが必要になります。

 

敷地の有効活用は大きな検討課題です。しっかりハウスメーカーや外構専門業者に相談するようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市