住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

家族構成

居住される住居はもちろんのこと、付随する外構も非常に高い費用がかかります。

 

忘れてはならないのは、外構を後付けすると、より多くの費用負担が生ずるということです。従って、将来の家族構成により、どんな外構が必要になるのかを、新築時に極力多く取り込んでおくべきです。当面は必要なくともいずれ必ず発生する外構は少々の費用負担はあるものの、考慮に入れた設計としましょう。

 

また、外構の後付けには、制約条件も増えてくると思います。それは、新築した際の立地条件(地域の環境など)と数十年後の立地条件は全く異なるからです。・・とはいえ、将来の生活設計(家族構成)などを完璧に想定することはできません。

 

こんな時に頼りになるのがハウスメーカーや外構工事専門業者などになると思います。新築時には、外構設備の選択肢をいくつか出し、ハウスメーカーに条件に従った見積もりを出してもらい検討することにしましょう。一から作る新築の際には、余程の外構でない限り、数百万円も高くなることはないでしょう。

 

また、ハウスメーカーの営業担当にしっかり相談することも必要だと思います。後付けの外構の場合は外構専門業者がハウスメーカーより安く対応してくれるとの情報もありますので、外構の条件をしっかり伝えて、やはりさまざまな方法と見積もりをしっかり出してもらいましょう。

 

外構を考えたり、価格交渉をすることは、住居以上に難しく、メンテナンス費用もかかると思いますので、しっかり検討する必要があります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市